募集要項

  • ■ボイスの募集は終了しました。

    非常に沢山のご応募ありがとうございました!

     結果はこちら
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月28日 (水)

【Unity Action】今週の近況(6月末

もう6月も終わりですね。
…早い(;'∀')

進捗としてはインゲームUIのリファイン(暫定)が終わり、
バトルの改修…!と思ったのですが、
しばらく前にPCを買い替えてから実機のビルド環境を
整えてなかった事もあり、環境を整備しつつ
久しぶりに実機に出力して軽くプレイした所、
色々と不具合が・・・(;´・ω・)

元々起こってた不具合も多いですが、
改めて良いタイミングなので修正作業に勤しんでいました。

マルチタップ時限定の症状等、
PCではチェックが難しい不具合にはやや難航しましたが
明日には落ち着きそうなので、
週末辺りからは予定していたバトル改修へ移れそうです。

がんばる ٩( 'ω' )و

2017年6月22日 (木)

【Unity Action】今週の近況

ついつい更新が滞り気味になってるので、
しばらく(最低でも)1週に1度を目途に
更新していこうかと思います。

進捗に関しては、先週書いていた
ステージのライトマップの焼き直し&調整は
一旦一通り完了し、
現在はバトル中のUIの改修中です。
ペース上げなければ…。

UIが落ち着いたら、次はバトル部分の手触りを
もう少し良くしたいので、その辺りを中心に検討予定。

特に技術的な部分は手を出してないので、
あまり書くことが無い…(;'∀')

2017年6月12日 (月)

【雑記】作業経過とシノアリス

画像等は無いですが、
簡単に作業経過に関して。

今は全ステージの修正を行っています。
具体的には、Unityバージョンの変化によって
細々とおかしくなっていたので、
マテリアルの調整やライトマップの焼き直しと
部分的にクオリティアップ作業等を進めています。
(元々おかしかったところの対応も含)

1ステージ1ステージはそこまで重くないのですが、
如何せん数が多い…(;'∀')
何とか今日中に終わらせたい所です。

 

さて、話は大きく変わりますが、
最近リリースされたシノアリス(http://sinoalice.jp/)について少し。
色々と話題になっていたので
リリース初日にインストールしたのですが、
現在に至るまでほぼメンテ状態です。

メンテの主な理由はユーザー数が想定より多い事による
高負荷によってまともにゲームができない点の対応なのですが、
致命的な不具合も多い状態です。
例えば…

①ガチャを回して課金石だけ消える不具合
②課金石の増殖不具合
③受け取りボックスから課金石が受け取れなくて消失する不具合
④武器の進化で素材だけ消失して進化できない事がある不具合
⑤ガチャで目玉の武器を引いても「ジョブ」解放されない事がある不具合
  →今朝の緊急メンテで補填
   →その上でまだ解放されてない場合有

等々がある模様。③、④、⑤は私も遭遇してます…。
(現在直ってる物もあり)。

若干課金したのでしばらく様子見予定ですが、
正直不安が募ります…。
問い合わせ件数とかすごい数になってそうですね。

2017年6月 5日 (月)

【Unity Tips】簡単な汎用UIシェーダー例(色相/彩度/明度)

結局先月はほとんど動けませんでした。申し訳ありません…;;
今日からは時間が取れるようにしたので
本格的に作業復帰です。

と、言うだけではアレなので、
最近作った簡単で便利なUI向けのシェーダーの紹介。

 

このシェーダーでは、
uGUIのImageのカラー情報を参照して
「R成分で色相」(元の色を基準に色相変更)
「G成分で彩度」(白黒~彩度2倍)
「B成分で明度」(暗転~明るさ2倍)

をコントロールできるようにしています。

これによって何が便利かというと、
ボタンを例にした場合

 ・ボタンの色替えが1つの素材で可能(別の意味合いのボタン等)
 ・ボタンのグレーアウトが可能(非選択状態等)
 ・ボタンの押下アクションに便利(明るくしたり暗くしたり)


といった具合に、元となる画像が1つあれば、
複数のリソースを持つ必要が無くなるという点です。
メモリに優しいですね。

また、通常の上から色を載せる形ではないので、
グレースケールで色を載せるよりは良い場合も多いです。

さて、作り方に関してですが、
ShaderForge(Assets)を使っています。
便利な事に、基本的なノードで操作できるパラメータなので、
繋ぎ方もシンプルです。

Photo_2

注意点は、彩度はDesaturateで変更している点でしょうか。
RGB変換時のノードの方で彩度調整をやってしまうと、
モノクロ時に綺麗に出てくれません。
※この辺りの詳細は、画像のモノクロ化の手法について
 ググると良い感じかと思います。


そして、シェーダーをマテリアルに適応して、
uGUIのImageのMaterialに付ければ完成です。

他にもコントラストや追加効果を当てはめたりする等、
様々な事が出来るので、色々便利です。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

Twitter等

  • にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

メールフォーム

  • 直接コンタクト取りたい方はこちらからどうぞ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想