募集要項

  • ■ボイスの募集は終了しました。

    非常に沢山のご応募ありがとうございました!

     結果はこちら
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 【Unity Action】年末進捗報告 | トップページ | 【雑記】 インフルエンザ »

2016年1月12日 (火)

【Unity Tips】 いくつかアセットを紹介

あけましておめでとうございます。

色々作業は進めてますが、
書ける大したネタも無いので、最近購入アセットを紹介してみます。
※全てUnity 5.3.1p1で確認。

-----------------------------------------------------------
■Script Inspector 3($55)
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/3535

 Unity上でスクリプトを編集できるアセット。
 MonoDevelopやVisual Studioで使う基本的な機能はほぼ揃っているので、
 さほど変わらない感覚で編集できる優れ物。

 1601126

 特にConsoleやProject/Hierarchyからスクリプトを開く際のレスポンスが良いので、
 結構お勧めできます。
 ただ、作業が劇的に速くなったりはしないので、
 その辺りは注意。若干ストレスが減る程度だと思って下さい。

 個人的に気になった欠点は以下。
 ・日本語だとカーソル位置が横にずれる(使用は可能)。
 ・breakpointが無い模様。

 と、いう訳で、breakpointが無さそうなので、
  その辺りを使いたい時はMonoDevelopやVisual Studioで
  スクリプトを開く形の作業になります。
 が、一度使い始めるとついつい利用する程度には便利。

 費用対効果としては・・・人による感じでしょうか。

■Advanced Inspector($25
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/18025

 容易にインスペクター表示の拡張を行えるアセット。
 例として?作成中のゲームの攻撃設定に関して
 面倒でエディタ拡張していなかったのを、これを使用して整理してみました。
1601123
 手動でのインスペクター表示の拡張は正直めんどくさいので、
 拡張を頻繁に行う人には良さげ。

 基本的には配列数を開かなくても確認できる↑のリスト表示を使いたいのですが、
 リストの並べ替えはそれ以外の表示タイプでないと出来ないので、
 リストの表示を切り替えるボタンを拡張して作ったりしました。
 これで並び替え時だけリスト表示を変更すればOKに。

 また、便利な機能は色々あります。
 ・要素毎のコピペが可能
 ・要素毎のRevert/Applyが可能
 ・配列の中身をドラッグで並び替え可能
 ・複数のオブジェクトの特定のパラメータを選別して羅列する機能
 ・メソッドをボタンとして個別に実行可能
 ・タブ分け、グループ分け、編集不可設定等、色々と幅広く設定可能

 必須系のアセットでは無いですが、
 使うと何かと便利になる感じです。

■Maintainer($10)
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/32199

 プロジェクトの参照等がちゃんと設定されているかどうかを
 確認、羅列するアセット。

 使ってみたら超色々ありました・・・。
 といっても古いデータやシーン、アセットがほとんどでしたが。1601121

 という訳で、半日程かけて修正して警告も含めて0にしました。
 定期的に使うとプロジェクトの整理もできて良い感じかと思います。

■Simple LOD($30)
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/25366

 LODを自動で作ってくれるアセット。
 LODのメッシュの作成から、実装までまとめてやってくれます。
 マテリアルやメッシュをどこまで統合するか等の選択も可能、

 また、LODはもちろん、単純にメッシュやテクスチャを統合したいなーと
 思った際も、DCCツールでやるより楽にできる場合も。

 とはいえ、あくまで自動なので、軽減具合はお察しな所も。
 やはり、LODの質を追求する場合はマニュアルで作る必要はあります。

 利点、欠点を理解し、DCCツールと使い分けるといい感じかと。

 作成中のゲームは見下ろし視点とはいえ、
 多少は意味あるので使用検討中。

■Export2Maya($30
https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/17079

 UnityのデータをMayaに持って行けるアセット。
 ライトマップのUVや、頂点カラー、テクスチャ、ライト等も持っていけるので、
 単純なobjのエクスポーターより色々融通が利く。

 1601124_2

 基本的な用途としては、オクルージョン等、Unityではなく
 Maya側で焼いたりしたい物がある場合や、
 Unity上でゴニョゴニョしたデータをMayaに持って行きたい場合に有効。

 MayaでUnity業務するなら1チームにつき1本は欲しい所。

-------------------------------------------------------

と、いう訳で今年もよろしくお願いします。m( __ __ )m

« 【Unity Action】年末進捗報告 | トップページ | 【雑記】 インフルエンザ »

Unity Tips」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
いつも拝見させてもらってます!
今オンラインゲームを作ろうとしてて詰まってます!
スキルとかの追加がわからなくて・・・アドバイスをもらいたいなと!
良かったらメール下さい

>ろりちゃんねる さん

ブログの閲覧ありがとうございます。

ただ、メール等によるアドバイスに関しては、
現在多忙な事もあり、行っていない状態となります。
大変申し訳ございませんが、ご理解頂けますと幸いです。

そうですか(´;ω;`)
スキルの追加とかスキルツリーの作り方などの解説の記事なども書いてもらいたいです!
あと武器の作り方を具体的にやってるのがあるとかなり助かります!
もし宜しければお願い致します!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500357/63430497

この記事へのトラックバック一覧です: 【Unity Tips】 いくつかアセットを紹介:

« 【Unity Action】年末進捗報告 | トップページ | 【雑記】 インフルエンザ »

Twitter等

  • にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

メールフォーム

  • 直接コンタクト取りたい方はこちらからどうぞ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想