募集要項

  • ■ボイスの募集は終了しました。

    非常に沢山のご応募ありがとうございました!

     結果はこちら
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 【Unity Action】 あまり・・・書くことが・・・ない! | トップページ | 【Unity Action】ステージ配置スクリプト パワーアップ »

2015年6月 8日 (月)

【Unity Action】 配置用ツールを作った。

引き続きステージ作成しておりますKarasuです。

今作成中のステージは比較的システマチックなので、
↓みたいにパーツ単位で素材を作成してます。
150608_2
多分ステージが出来る頃には倍程度のパーツ数にはなってるはず。
見下ろし視点なので天井はないですが(;´Д`)

まるで自由度の高いパズルのようです。

↓組み合わせ例。(Unity上の画面
150608_3_4
※実際にはモバイルでまともに使えないフィルタとかかましてますが、キニシナイ!


ついでに、結構昔に話題になった
■256×512ピクセルのテクスチャのみを使ったCGデモ
http://www.kotaku.jp/2012/03/techdemo_256512cg.html
でやってるテクスチャの節約もやってみてます。
この辺をUnityでやるにあたっての記事はまた改めて書くかも。

--------------------------------------------------------

それはさて置き、本題の配置用ツールについて。
あ、Maya上で動作するスクリプトです。

ステージのパーツが作成できたら、
Maya上でパーツを配置しながら調整していくんですが、
移動や回転の小数点以下のズレやが出ても面倒ですし、
インスタンスと生成元がごっちゃになったりとかも困ります。

・・・なので、パーツの配置用スクリプトをMaya上で作りました。
内容は非常に単純なものですが。
※Unity上で組まない理由は、配置後に固有で調整したい点が出るのと、
  コリジョンの仕様の都合によるものです。 


150608_0
パーツのインスタンス化+αから、配置、回転、反転等、
配置時に使いそうな要素を1つのウィンドウにまとめた感じです。

これで、オブジェクトを選択して
このウィンドウをポチポチするだけで
ステージが作れるはず・・・!

・・・追加のパーツが欲しくなったら
新規で作る必要があるので、
楽なのは配置だけですけどヽ(`Д´;)ノ


ちなみに、こういったスクリプト作る際に重要なのは、

普通に作ってかかる余分な時間 > スクリプト組む時間

になっているか、という点。
また、上記を満たしていない場合、

資産として今後効率化できる要素として考えられるか、
また、その恩恵はスクリプトを組むコスト以上見込めるか。


という部分が大事になってきます。
企業で上司を説得する時に必要になりますね。

ちなみに、

作りやすい環境構築

だけでは、予算を握ってる方々には当然ながら通じません(汗
「あった方が楽なのに」では無く、
具体的な数値を持って説得しましょう(あれ、何の話だっけか


最後に、スクリプトの主な機能詳細も書いておきます。
-------------------------------------------------------------------
■主な機能

・インスタンス化
  選択したオブジェクトをインスタンス化する。

  同時に、
  「インスタンスされたオブジェクトだと分かる」
  「複数個複製しても元パーツ名が残る」
  という点を加味したリネームの自動実行と、
  インスタンス用のグループ分け
も行う並行して行う。
  地味に大事。

・90°回転+-
  選択したオブジェクトを90°回転させる
・180°回転
  選択したオブジェクトを180°回転させる
・X反転
  選択したオブジェクトをX軸方向に反転させる
・Z反転
  選択したオブジェクトをX軸方向に反転させる

 ※以下の移動系は、Mayaのグリッドの幅を調整して、
  グリッドにスナップするようにすれば、
  基本的に使わなくても行けますが、一応。

・原点移動
  選択したオブジェクトを原点に移動する。
・選択位置
  最初に選択したオブジェクトの位置へ。
  2つ目以降に選択したオブジェクトを移動させる。
・移動幅
  パーツの設置幅の単位。一応手入力で変動可能に。
・近似値
  パーツ幅単位で移動幅に一番近い位置へ自動で整列させる。
  手動でざっくり移動させた後の最後の位置合わせに使ったりとか。
・X+-
  選択したオブジェクトをX軸方向に1パーツ分移動させる。
・Y+-
  選択したオブジェクトをY軸方向に1パーツ分移動させる。
・Z+-
  選択したオブジェクトをZ軸方向に1パーツ分移動させる。
-------------------------------------------------------------------

« 【Unity Action】 あまり・・・書くことが・・・ない! | トップページ | 【Unity Action】ステージ配置スクリプト パワーアップ »

Unityアクションゲーム製作」カテゴリの記事

コメント

UnityActionとんでもないクオリティだけど、もしかしてKarasuさんプロの方?

>Karasuさんプロの方?

どちらとも言えますね。
あえて分類するならですが、

「ゲーム開発者」という大きな括りでは、プロです。

が、主にブログに乗せているような内容に関しては、
プロではありません。なので内容が浅いです(マテ

と、いうのも、私は「モーションデザイナー」としてのプロであり、
例えば、キャラモデル、エフェクト、背景モデル、プログラム、企画、UI等に
関しては、基本的に業務としては行っておりませんので、
「趣味」に近いです。

また、チーフデザイナーとしての経験も数件あるのですが、
その業務を行う中で、自分の知識の浅さを痛感した為、
今、実製作を踏まえて幅広く学んでる感じです。

なので、あえて苦手分野も含めて一人で作ってるんですよ~( ;´・ω・`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500357/60305771

この記事へのトラックバック一覧です: 【Unity Action】 配置用ツールを作った。:

« 【Unity Action】 あまり・・・書くことが・・・ない! | トップページ | 【Unity Action】ステージ配置スクリプト パワーアップ »

Twitter等

  • にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

メールフォーム

  • 直接コンタクト取りたい方はこちらからどうぞ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想