募集要項

  • ■ボイスの募集は終了しました。

    非常に沢山のご応募ありがとうございました!

     結果はこちら
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 【定期?】 今日の脱線 | トップページ | ドット絵シェーダーで遊ぼう(簡易作成フロー付) »

2015年2月 7日 (土)

【Unity Action】 Light Probeの弊害?

現在背景素材の作成や、背景関連の処理を中心に
作業をしてますが、
こんな事もあります的なネタです。

作成中のゲームの背景には、
処理負荷の関係で動的ライトを使わず、
全て焼き付け&シェーダー側の明るさのみを使用しています。

が、キャラクターやモデルエフェクト等には
ライトマップの焼き付け有効ではないので、
動的ライトを1つ+LightProbeの影響受けるようにしています。

これは、遠目から見る分には問題ありませんが、
例えば、
強目の青寄りのライトを焼き付けた場所では
キャラクターの顔色が悪く見えてしまいます。

まぁ実際見え方としては間違ってはいないのですが、
リアル寄りのキャラクターならともかく、
Tool寄りのキャラクターを使ってる場合、結構気になります。

という事で、イベント時キャラクター&カメラ配置を
違和感のない程度のLightProveの位置にオフセットで
変更できるようにしたりしてます。

やや極端ですが、顔色が悪く見える例。
  この時、オレンジ色のライトが当たってない位置に
  キャラクターが配置されています。

150207_1

この場合、画面右側のランプの影響を考慮して、
もっと明るくしたくなります。こういった時に、
オフセット値を使って、立ち位置を調整する感じですね。
150207_0


もちろん、イベント中はLightProbeの影響を
そもそも受けないようにして調整する事も可能なんですが、
ある程度は「今いる場所っぽく見えるように」という
点も出したいなーという葛藤もあり、
こういった調整にしてます。

目立たない要素ですが、
ゲーム製作はこういった「ちょっと気になる」
レベルの要素が開発中は山のように発生します。
それはもう、山のように・・・。

こういった点をどこまで「手間をかけずにそれっぽく」
処理できるか、そのあたりが全体としての完成度等に
大きく関ってきますね(;´Д`)

« 【定期?】 今日の脱線 | トップページ | ドット絵シェーダーで遊ぼう(簡易作成フロー付) »

Unityアクションゲーム製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500357/58848862

この記事へのトラックバック一覧です: 【Unity Action】 Light Probeの弊害?:

« 【定期?】 今日の脱線 | トップページ | ドット絵シェーダーで遊ぼう(簡易作成フロー付) »

Twitter等

  • にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

メールフォーム

  • 直接コンタクト取りたい方はこちらからどうぞ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想