募集要項

  • ■ボイスの募集は終了しました。

    非常に沢山のご応募ありがとうございました!

     結果はこちら
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 【Unity Action & ZBrush】ミノさん形状 | トップページ | 【Unity Action & ZBrush】 自動リトポロジー機能「ZRemesher」を使ってみた(後篇) »

2013年8月 7日 (水)

【Unity Action & ZBrush】 自動リトポロジー機能「ZRemesher」を使ってみた(前篇)

ミノタウロスの形状ができてきたので、
ゲームに入れ込むためにも
ZBrushR6の自動リトポロジー機能である
「ZRemesher」を試してみました。
※AdaptiveSize、Curves Strengthはデフォルトの50のままでの比較です。
※モバイルゲーム向けのモンスターなので、ハイポリは省略してます。
※ゲームへの入れ込みを考慮し、
  以下、全て三角ポリゴンに変換した場合の表記です。


■まずはリトポ前(4757888ポリゴン)
Photo




■Target Polygons Count 1.0535 (8818ポリゴン)
8818

■Target Polygons Count 0.2187 (3794ポリゴン)
3794

さらに強くかけると、指の形状が崩れ始めたので
デフォルト設定ではここまで。
しかし完全自動でここまで奇麗にいけるのはスバラシイ!
場合によってはそのままでも十分使えちゃいそうです。
噂によると、R5までの「QRemesher」よりかなり良くなっているとか。
(自分はQRemesher使った事ないので感想言えませんが)

尚、実行速度は自分のPC(GeForceGTX570)で
475万ポリゴンのリトポが10~20秒程度でした。
結構速いですね。

■ディティールの復元について
ZRemesherを実行した後は、デフォルト設定の状態ですと、
元々作成していたディティールが消えてしまいます。
なので、削減したモデルに対して、元々のディティールを加える
必要がありますが、こちらには2通りのやり方があるようです。

①「Freeze Subdivision Levels」を使用するやり方
  ・リトポ前に「Freeze Subdivision Levels」を押して、
   サブディビジョンレベルを固定。
   その状態でリトポを実行します。
  ・リトポが終了したら、「Freeze Subdivision Levels」のチェックを外すと、
   sDivレベルが残ってますので、使用できます。
  が、完全に同じ様に保持できるわけじゃないようなので注意。

②「Project All」を使用するやり方
  ・リトポ前のモデルをDuplicate(複製)し、
   リトポを行うモデルのみ表示されるようにします。
  ・「ZRemesher」を任意の設定で実行します。
  ・リトポ前と、リトポ後のモデルを両方表示し、リトポ後のモデルを選択します。
  ・この状態で、SubTool⇒Project⇒Project ALL を実行します。
   ※ローポリですと、この時点ではほぼ変わらないかもしれません。
   
  ・次に、リトポ後のモデルに対してDivideし、SDivを追加します。
  ・改めてリトポ前後のモデルが表示された状態で、リトポ後のモデルの、
   追加したSDivの状態でProjectAllを実行します。
   ※ローポリで作業した人でも、ここからは効果が実感できると思います。
  ・後は、必要なSDivまで上記動作を繰り返します。
  ・十分なSDivまで移植出来たら、リトポ前のデータは不要なので削除します。
   (履歴として残す場合はそのままでもいいかも)

  注意:初期設定のまま行うと、↓画像のように崩れてしまう場合があります。
      なので、各段階毎にちゃんと持ってけているか確認しつつ、
      上手く行ってない場合はProjectAllのパラメータを調整するか、
      リトポ後の形状の微調整を行ってからProjectAllを実行してみましょう。
      Photo 
     ↑角と耳の間辺りのポリゴンがおかしくなっています。

で、一通り設定すると以下のような感じになりました。
(SDiv4以上は画質的に見えないので省略)
Sdiv

①でも②でもおおよそ再現はできますが、
②の方が色々と調整が行いやすいので、
個人的には②の方をお勧めします。

しかし、もし多少質が落ちてでも、
てっとり早くやりたい場合は①が良いでしょう。

と、ここまでで大枠の流れを説明しましたが、
「頭部(目や口周辺等)は比較的多くポリゴンを残す等、削減具合を調整したい」
「ポリゴンのラインを調整したい」

等、デフォルトの設定では満足できない場合もあると思います。
そしてこの「ZRemesher」、

削減具合の調整や部分的な削減、
ラインの調整、削減時の微調整なども可能!・・・っぽい


あ、でもその辺りは長くなりそうなので次回記事に書きます。
(自分自身でも理解、整理がまだおいついてなかったりするので( ; ゚Д゚))

続く(◎´∀`)ノ

« 【Unity Action & ZBrush】ミノさん形状 | トップページ | 【Unity Action & ZBrush】 自動リトポロジー機能「ZRemesher」を使ってみた(後篇) »

ZBrush」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500357/52774555

この記事へのトラックバック一覧です: 【Unity Action & ZBrush】 自動リトポロジー機能「ZRemesher」を使ってみた(前篇):

« 【Unity Action & ZBrush】ミノさん形状 | トップページ | 【Unity Action & ZBrush】 自動リトポロジー機能「ZRemesher」を使ってみた(後篇) »

Twitter等

  • にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

メールフォーム

  • 直接コンタクト取りたい方はこちらからどうぞ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想