募集要項

  • ■ボイスの募集は終了しました。

    非常に沢山のご応募ありがとうございました!

     結果はこちら
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 【ZBrush】 続・ZSphereを使ってみる | トップページ | 【Unity Tips】Androidの実機デバッグ時のログ確認について »

2013年8月23日 (金)

【CEDEC2013】 Unityユーザーラウンドテーブルのメモ

ざっと配信をメモってたのでペタリ。
なので微妙に間違ってるところとかもあるかもです。

■ロード、シーン切り替えの高速化
 複数のシーンか単一のシーンか
  ⇒単一シーン
   ガベージコレクションが走るかどうかが一番大きいのでは。
   初回ロードメリット?
   ステージの切り替え?
   リソースのロードに無駄がない。
   メモリ管理が大変。
    ⇒高速化重視じゃなければ手を出さない方が良いかも。
   ネックになるがリソース指定での解放ができない。
   画面遷移がきれいに。
  
  ロードレベル呼ぶと時間かかるので、間に
  軽いシーン(ローディング表示)を挟んでたりする。

  ナビメッシュがシーンに紐づいているため、
  複数シーン推奨?
   ⇒todoリストには入ってる。いつかは…。

  リソーシーズは古い仕組み?
  あまり中の人はお勧めしてないかも。
  
  アセットバンドル⇒プロ版じゃないと使えない
          ⇒サウンドのストリーミング再生ができない
  という問題も?サウンドではアセットバンドル使わない方が良い。

■メモリ節約方法について
 主な要因はテクスチャ?メッシュ?
 静的なリソースと動的なリソースを分けて管理。
 アセットバンドル使ってるとデータが重複しちゃう場合も。
  ⇒しっかり見て管理しましょう。

 アセットバンドルはどの単位で切ればいいの?
  ⇒テクスチャ単位、シーン単位など様々。
   実例。
   ・シーン単位
   ・キャラクター単位
   ・テクスチャ単位(カードとか)
   ・ZIP圧縮したデータを読む(ZIP展開が遅いのが難点だけど、良い方法)
   結局はやる事次第?

 テクスチャの圧縮形式について
  PVRTC⇒できれば使いたくないが、やむを得ず使う感じ。
      画像にノイズ加えると結構細部が残る。
  オクトピクスが頑張ってる。
    ・・・ほしい・・・。
  カベージコレクトが勝手に動くと困る場合
   ⇒力技で特定のタイミングで走らせないようにする(3分とか
  
 プロファイラー
  ⇒色々見れる。ver4.1くらいから良くなって、
   どのオブジェクトでどのテクスチャが~とかも見れるようになってる。

 スクリプトエディター何使ってる?
  ⇒monodevelop
   サブライムテキスト
   ビジュアルスタジオ
 
 ※UnityVS ビジュアルスタジオで編集できるように。

 ビジュアルスタジオだと別のウィンドウズのリモートデバッグできる。

■GUIどう作ってる?
 みんなnGUI使ってる?
 nGUI以外は?

 nGUIの問題?デザイナーがTween多様で大変。
 LWF/uniSWF⇒結構使われている。

 nGUI編集しすぎるとバージョンアップに対応し難い。
 nGUIはソートが分かりにくいので、変えた方がいいかも。

 nGUIの開発テンプレートなど、作り方の共有などを行いたい。
  ⇒結構挫折しやすい。

 iGUIはスクロールが簡単らしい。

 ⇒結論。Unityオフィシャルの早く出そう⇒拍手!!!

 ⇒公式のGUIとnGUIの親和性は?
  リリース後スムーズに移行できるのか。
  ⇒現状はまだ不明。
   何かしらの対応は必要になるだろう。

■2Dゲームの開発について
 ※会場では3D>2Dゲームの開発者。

 どのアセット使ってる?
 ---------------
 2DToolKit
 Uni2D
 ex2D
 LWF
 uniSWF
 スケールフォームプラグイン
 スプライトスタジオ
 ---------------
 とか。

 スケールフォームは値段が高いのが問題。
 ⇒LWFが良いが、ドキュメントがそろってない。

 スプライトスタジオ
 ⇒パーツ毎に動くようなものはフラッシュよりお勧め(デザイナー談
 ⇒キャラクターはお勧め
 ⇒UIはnGUI?

 UniSWF
 ⇒アクションスクリプトは実行できないが、
  多少のコントロールは可能

 Uni2D
 ⇒描いたものに対してコリジョンがそのまま付けられる。
  アングリーバード系のパクリにはおすすめ。
  古いバージョンだと
 
 2Dのアクションゲーム作る場合
 ⇒キャラクターコントローラーとコライダーで組んでる。

■ベータテストに参加できるデベロッパーを募集!
 ⇒新機能のテストなどに参加したい場合、
  ⇒Unityの問い合わせフォームに「βユーザーになりたい」と書いて送って下さい、との事。
  ※βは全て英語でのやり取り。
   ⇒今後FaceBookで日本語のグループ作るかも。
  ※βのタイミングでバグレポートすると治る可能性が高いかも。

■その他お知らせ
UNITE2013バンクーバー(8/28~30)
今ならぎりぎり間に合うらしい。

Unityユーザー助け合い所(現在3031人)

« 【ZBrush】 続・ZSphereを使ってみる | トップページ | 【Unity Tips】Androidの実機デバッグ時のログ確認について »

Unity Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500357/53000552

この記事へのトラックバック一覧です: 【CEDEC2013】 Unityユーザーラウンドテーブルのメモ:

« 【ZBrush】 続・ZSphereを使ってみる | トップページ | 【Unity Tips】Androidの実機デバッグ時のログ確認について »

Twitter等

  • にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

メールフォーム

  • 直接コンタクト取りたい方はこちらからどうぞ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想