募集要項

  • ■ボイスの募集は終了しました。

    非常に沢山のご応募ありがとうございました!

     結果はこちら
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 【雑記】 きれてた・・・ | トップページ | 【Unity Tips】 Excelからの入出力テスト その3 »

2013年3月21日 (木)

【Unity Tips】 Excelからの入出力テスト その2

 前回の記事で、直接エクセルデータを扱うのに問題があったので、
 もうワンクッション挟んでいいや、と思い、
 xmlデータでのやりとりを検討してみてます。

 ■参考にしたページ「Save and Load Info to XML」
 http://wiki.unity3d.com/index.php?title=Save_and_Load_from_XML
 このサンプルは、オブジェクトの座標を保存するサンプルとして書かれてます。

 ただ、このままですと、実行しないとセーブロードができないので、
 実行してなくてもメニューからセーブロードできるようにしました。
 やり方としては、
 
 [MenuItem("パス")]
 をセーブ、ロードの関数の前に置く事で、↓図のように
 メニューに表示されるようになりますので、
130321_0
 セーブ、ロード関数(と直接関連する変数とか関数)をstatic
 変更すればOKです。

 で、情報を保存するオブジェクト名の指定がpublicでは無くなってしまうので、
 読み取るファイル名をpublic stringで持ち、
 スクリプトを[ExecuteInEditMode ()]
 にする事でファイル名の指定がNullだったら読み込む処理を入れて、
 暫定的に対応し・・・ようかと思ったら、
 スクリプトを更新してすぐにセーブロードした場合に
 読み込みが間に合わない状態になってたので、微妙だなーと思い、
 もうオブジェクト名固定だし、直指定でいいや、となりました( ; ゚Д゚)<汎用性低!

 (若干怪しいですが)とりあえずはこれで下準備は完了な気がします。
 この後、実際に使用するパラメータクラスを作成して、
 出力、読み込みテストしたら今度はExcel側の読み込み、更新VBAも書かないとです。。。

 なのでまだまだ続きますよっ!Σ(゚Д゚)
 

« 【雑記】 きれてた・・・ | トップページ | 【Unity Tips】 Excelからの入出力テスト その3 »

Unity Tips」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500357/50864941

この記事へのトラックバック一覧です: 【Unity Tips】 Excelからの入出力テスト その2:

« 【雑記】 きれてた・・・ | トップページ | 【Unity Tips】 Excelからの入出力テスト その3 »

Twitter等

  • にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

メールフォーム

  • 直接コンタクト取りたい方はこちらからどうぞ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想