募集要項

  • ■ボイスの募集は終了しました。

    非常に沢山のご応募ありがとうございました!

     結果はこちら
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 愚痴?と近況  | トップページ | iPhone5購入! »

2012年9月23日 (日)

Unity関連書籍を紹介してみる

■■■はじめに■■■
自分がこれまでに購入したUnity関連の書籍の紹介をしてみます。
あくまで個人的に感じたレベルの内容なので、
参考程度に見て頂ければと思います。

■Unityライブラリ辞典 ランタイム編 【★★★★★】

Unityライブラリ辞典 ランタイム編


 Unityのスクリプト(ランタイム)に関して、日本語でまとめた本。
 内容的にはUnity付属のリファレンスと大差ないですが、日本語というのが大きいです!
 また、関数毎にサンプルも付いていますので、広く浅く把握するのに向いています。
 初心者向けの本を1冊やった後あたりに購入し、読むのが一番効果があると思います。
 あとはコマンド調べるときとかにも、googleより早い時も。
 個人的には一番役立っている本です。お勧め!
 本の厚みもトップクラスです(汗

■Unityではじめるゲームづくり【★★★☆☆】

Unityではじめるゲームづくり (DVD付) (ゲープロシリーズ)


 うさぎが表紙のメジャーな本ですね。
 バンダイナムコゲームスの社内勉強会にも採用されたという話です。
 ターゲットは基本的には初心者向けに感じました。
 ゲームサンプル付なので、どういったパーツがどう使われているか、等がよく分かります。
 背景、キャラクター、エフェクト、スクリプト等、流れに沿って作っているため、
 「ゲームを作る」という流れを体感しやすいのも特徴かと思います。
 また、付属のCDの中に、「全16回の勉強会の資料」が入っており、動画も含まれている事から、
 ある意味こちらの方が参考になった部分もあります。
 尚、最終的にサンプルとして乗せられているゲーム?のクオリティ自体はお察し下さい的な部分もあります。
 「キャラクターを使ったゲーム」を作りたい方には良いのではないでしょうか。

■Unityによる3Dゲーム開発入門【★★☆☆☆】

Unityによる3Dゲーム開発入門 ―iPhone/Android/Webで実践ゲームプログラミング


 言わずと知れたウニ本。
 Unity初の日本語書籍です。自分も初めてUnityに触った時はこの本のお世話になりました。
 内容的にはゲームを構成するオブジェクトがあった上で、
 それをどう料理してまとめていくか、的な内容になっています。
 欠点としては、一部事前に用意したスクリプトを突然使わされたりする点でしょうか。
 内容の説明が薄い場合があります。
 ただ、少ない手数でそれっぽい物を作る流れはちゃんと行っていますので、
 初心者はまずはこの本を一通りやってみるのも手ではないでしょうか。
 あくまで基本的な部分のみなのでこの本を読んだ上で、ステップアップは必須かと!

■Unity入門 【★★★★☆】

Unity入門 ~高機能ゲームエンジンによるマルチプラットフォーム開発~

 初心者がゲームを作る、という流れを上手く本にしている印象です。
 1:球を転がす       ⇒ 物理エンジンでなんかすごい!
 2:迷路ゲーム作る     ⇒ 何かゲーム出来てきてる!?
 3:ブロックシューター作る ⇒当たり判定とかスコアの実装!色々できそう!
 4:まとめとしてキャラクターをモーションで動かしつつ簡単なゲームを作成!
 という感じで、なんか俺、出来るんじゃね?的な感覚にさせてもらえます。
 実際発展させようとするとそう上手くは行かないですが(笑
 モバイルも意識しているので、個人的には入門書としてはこの本が
 現状一番まとまっているように感じます。
 強いて言えばサンプルのグラフィックがショボイのが難点?でしょうか。

■Unityで作るiPhone/Androidアプリ入門【★★★★☆】

Unityで作るiPhone/Androidアプリ入門

 モバイル向けに特化したUnity本です。
 カラーなのが地味に嬉しい!かなり見やすいです。
 Pro機能もカラーで紹介されているのも良い所。
 サンプルとしては迷路ゲーム、アクションゲームと、他の書籍と大差ありませんが、
 アプリの登録までの流れを細かく書かれているので、
 嬉しい人も多いでしょう。
 スマホで作るぜ、と決めて入門書を探している人はこの本お勧めです。

■■■まとめ■■■
と、色々書きましたが、入門書をこなした後は、
手を動かしてググったりリファレンスを見ながら作ってみる!
が一番勉強になります。
本は最初のとっかかり、と考えると良いでしょう。

« 愚痴?と近況  | トップページ | iPhone5購入! »

書籍紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1500357/47187337

この記事へのトラックバック一覧です: Unity関連書籍を紹介してみる:

« 愚痴?と近況  | トップページ | iPhone5購入! »

Twitter等

  • にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ

メールフォーム

  • 直接コンタクト取りたい方はこちらからどうぞ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想